毎日の(・・?を減らしてEnjoy Lifeを送ろう

こんな時どうしたらいい?i今の流行は?自分時間を作る方法ないかな?などいろんな(・・?を少しでも解消改善できればいいなのブログです。

幼稚園準備の始まりと言えば秋!!説明会っていつ?何をするの?服装は?持ち物は?

暑い夏がもうすぐ終わる…。まだまだ残暑厳しい…。

9月になると、来年度の幼稚園入園のために各説明会が行われていきます。

お受験の私立幼稚園は、4月~7月に行っている所もあるようですが…。

初めて幼稚園の準備をする親にとって、説明会って何?服は何でもいい?など、分からないことばかりなのではないでしょうか。

では、幼稚園の説明会について紹介していきます。

 

 

 

幼稚園説明会の時期

☆お受験有りの私立幼稚園

幼稚園によって違いますが、4月~7月に行うところがあるようです。

幼稚園のホームページや幼児教室の先生に確認し、説明会に行きそびれないように。

 

☆私立幼稚園

大体多くが9月に行うようです。

家の周りに公立幼稚園がないという地域も増えているので、自宅から通える幼稚園、行かせたいなと考える幼稚園をピックアップし、事前にホームページもしくは電話で問い合わせをし確認してください。

日程が重なってしまう場合もあり。

 

☆公立幼稚園

大体9月中旬~10月に募集が始まります。

説明会は入園申し込みが終わってから行うところが多いとか…。

入園申し込みが多く、定員を超えた時は先に抽選が行われます。

各都道府県、地域によって異なるので自治体のホームページで確認してください。

又、公立幼稚園の場合は園区がある自治体もあるので、行かせることができるかも確認が必要です。

 

 

幼稚園の説明会は必ず出席?子供は連れていく?

特にお受験有りの私立幼稚園、その他私立幼稚園によっては説明会の出席が入園の条件になっている所もあります。

なかには説明会の時に願書を配っている所もあるようです。

 

説明会に子供は連れて行ける幼稚園、親のみ出席の幼稚園があるので事前に調べておいた方がいいです。

連れて行ける幼稚園の場合は連れて行くのが良いかと…。

子供の行きたいという気持ちが聞けたり反応が見れますよ。

逆にまだ幼稚園に行かない下の子はできるだけ預けていった方が良いかも…。

 

他にも説明会に参加することで

・自分の目でちゃんと幼稚園が見れる。

・園長先生はじめ先生方の雰囲気、時間や曜日によっては在園児の雰囲気も見れる。

・他のママさんなどどんな方が多いか、すでに上の子が在園中のママからお話が聞けたりすることも。

・きょうだいがいる場合、きょうだい割りやきょうだい枠があったりの説明も聞ける。

 

ホームページやネットの口コミだけで決めるのではなく、説明会に参加して自分でその幼稚園を見て聞いて検討した方がいいかと…。

 

 

幼稚園の説明会の内容ってどんなこと?

各幼稚園によって違いはありますが…。

①園長先生のあいさつ・教育方針

園長先生の雰囲気が見れるのはもちろん、その園の教育方針に共感できるか、自分の子供に合うかが分かる重要ポイント。

 

②保育内容・行事・課外活動の説明

1日の保育の流れ(年少・年中・年長によって違う)

年間行事の大まかな説明。

近年私立幼稚園で増えている保育後の習い事があるないや、ある場合は内容など。

 

③給食・お弁当の説明

各幼稚園によって異なります。

完全給食、各曜日で給食やお弁当、完全お弁当など。

完全お弁当の幼稚園でも、キャラ弁禁止、冷凍食品禁止など細かく決まっている所もあります。

 

④幼稚園の通園方法

バス通園があるのか、徒歩(電車・市バス)通園なのかも各幼稚園によって異なります。

私立幼稚園=共通園バスのイメージもありますが、方針によっては完全親子通園のところも。

バス通園がある場合、バスのルートや時間そして費用の確認重要。

 

⑤早朝・延長保育の説明

近年共働きや介護など忙しい親が増加中とあって、それに合わせて幼稚園でも保育時間外の延長保育をしてくれている所も増えてきています。

 

時間外保育の費用、早朝・延長保育の有無、条件、長期休暇の保育などの説明、確認をしておいた方が良いです。

 

⑥保護者会・PTA

ガッツリと保護者参加の幼稚園であれば、想像以上に幼稚園行事や役員会にと大忙しになります。

保護者会代表の人の説明をよく聞き、どれくらい保護者が関わるのかある程度予測した方が良いかと…。

 

⑦制服・持ち物の説明

各幼稚園によって異なります。

全指定制服、全私服、上だけ私服で下は指定、持ち物は基本手作りなど…。

手作りの場合はギリギリになって作るのは大変なので、スケジュールに加えていかないといけないはず…。

 

⑧費用

各私立幼稚園によって異なります。

入園金、月々の保育料、各条件(きょうだい割りなど)の割引、諸費、給食費、通園バス代など。

助成金(各自治体によって異なる)説明。

 

⑨願書配布から入園までの流れ

面接の有無、願書配布(説明会で配る場合もあるのでもらい忘れ注意)、合否発表、入園までの流れの説明。

他の幼稚園と検討中の場合もしっかり聞いていた方が良いです。

 

⑩説明会後の見学会

幼稚園によっては説明会後、園内の見学を行うこともあるようです。

 

 

幼稚園の説明会に持って行く物は?

・筆記用具

配布されるプリントにメモするため。

・スリッパ

多くの幼稚園で各自持参としている所が多いようです。

・大きめカバンもしくは紙袋やサブバック

配布されるプリントや願書をもらう時持ち帰るのに必要。

大きめの封筒が入るぐらい。

 

☆子供を連れていく場合

<来年度幼稚園入園>

・子供用の上靴やルームシューズ

・説明中飽きないためのおもちゃやお絵かき道具

・飲み物

など。

 

 

幼稚園の説明会に着ていく服装は?!

幼稚園によっては説明会から試験、見てチェックしているという場合もあります。

予めそのことを言っている所もあれば、大まかにチェックしているというところも…。

基本的にはT.P.Oに合わせた服装。

面接や願書提出の時と変わらない感じが良いかと…。

 

試験・面接などない公立幼稚園や私立幼稚園でも、カジュアルな服装はやめていた方が良いです。

色も派手な色は避け、落ち着いた色を選んだ方が良いかと。

 

 

まとめ

共働き世帯が増え、保育園に入れず待機児童が多いけど、幼稚園はどこでも入れるから心配ない!とまだまだ思われがちですが…。

実際は想像以上で大変な地域も増えてます。

少子化によって公立幼稚園が減り、自宅から徒歩圏内になく私立幼稚園のみしかない。

送り迎えを考えると通園バスのある私立幼稚園を選択。

公立幼稚園に行かせたいけど園区があり断られる。

又、人気高い私立幼稚園がある激戦区…など。

親も色々大変ですが、来年度から主役となって通園するのは子供です。

子供が楽しく行けるよう、幼稚園が大好きになって行けるようにの準備の1つとして説明会に参加すると良いかと。

子供と一緒に行く場合は、子供の「ここに通いたい!ここに来たい!」を尊重してあげるのも大切なのではないでしょうか。

そして分からないことは各幼稚園に遠慮せず問い合わせすることも必要になるでしょう。