毎日の(・・?を減らしてEnjoy Lifeを送ろう

こんな時どうしたらいい?i今の流行は?自分時間を作る方法ないかな?などいろんな(・・?を少しでも解消改善できればいいなのブログです。

6月の第3日曜日は父の日!!父の日っていつから?父の日にプレゼントするのは黄色バラなの?他の黄色い花でもいいの?

6月の第3日曜日は父の日なのですが…母の日に比べるとつい忘れられがち…。

もちろん母親と同く父親に感謝する気持ちはあるのに、ついついという人が多いとか。

理由ははっきりとはわかりませんが、

①父の日は母の日に比べると日本に伝わってきたのが遅いから。

②祝日の多い5月に比べて忙しい6月後半だから。

③母親に比べて父親に何をプレゼントしたら良いか迷ってしまい渡しそびれてしまう。

などがあるようです。

 

そして母の日=カーネーションと連想できる人が多いのですが、父の日は「?!」と知らない人も多いとか。

 

では、父の日はいつからお祝いするようになったのか、父の日にプレゼントする花と色の意味を紹介していきます。

 

 

父の日も母の日同様アメリカ生まれの記念日

アメリカのソノラ・スマート・ドット(ジョン・ブルース・ドット夫人)が母の日の情報を聞き自分の母が亡くなった後、男で1人で子供6人を育て上げた父親にも感謝の日を!と牧師協会へ嘆願したのがきっかけだそう。

 

1909年 牧師協会へ嘆願

     ↓

1910年6月 父の日の最初の祝典が開催、白いバラを送る

     ↓ 6年間あまり認知されず

 1916年 アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロウ・ウィルソンが父の日の祝典で演説をしたことで多く知れ渡る

     ↓

1966年 アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが6月の第3日曜日を父の日に定める

     ↓

1972年 正式に国の記念として制定

 

 

ソノラさんの父親ってどんな人?

アメリカ軍人で南北戦争が始まると現地へ召集。

1865年南北戦争が終結し、まもなく母親が今までの過労で亡くなる。

そこから父親は子供6人を育てる。

再婚はせず働きずくめで、プラス慣れない家事や子育てをし、子供が全員成人するまで1人でこなしてきました。

そして全員が成人し役目を果たしホッとしたのか、その後亡くなったそう。

 

 

日本ではいつから?!

1950年頃、日本でも広まり始めるがあまり認知されず…。

1980年代にデパートなどが販売戦略として、父の日をイベント化したことにより認知度が高くなり一般的な行事の1つとなったようです。

 

 

父の日にプレゼントする花は?その理由は?

父の日にはバラの花を贈る習慣があります。

父の日の嘆願者であるドット夫人が自身の父親の墓前に白いバラを供えたことが由来。

アメリカでは存命中の父親には「赤いバラ」、亡くなった父親には「白いバラ」を贈る習慣が生まれたようです。

 

日本では赤や白のバラではなく「黄色バラ」を贈るようになりました。

理由は1981年に設立された日本ファーザーズデイ委員会が主催している「父の日黄色リボンキャンペーン」がきっかけで、アメリカのバラを贈る風習に合わせて黄色バラを贈ることが定着したようです。

現在はバラ以外の黄色い花を贈る人も増えてきているようです。

「父の日黄色リボンキャンペーン」=幸せや幸福の象徴カラー「黄色」=父の日のイメージカラーとしています。

 

 

黄色は世界でとても大切にされている色

「黄色」は身を守るための色としてイギリスで生まれる

          ↓

「黄色い物を身に付けると身を守ることが出来る」と言い伝えられる

          ↓

「黄色」がアメリカに渡り、愛する人の戦場での無事と帰還を願う「黄色いリボン」となる

          ↓

世界中で「命に係わる大切な色」「幸せや幸福を象徴する色」「愛と信頼と尊敬を表す色」として広まる

 

 

父の日に贈る黄色い花と意味

①黄色いバラ

f:id:ckboffice:20180610120823j:plain

1番贈られている花です。

黄色単色だけでなく、他の色と合わせて贈ることが多いようです。

というのも、黄色いバラの花言葉に「嫉妬」「薄愛」という意味もあるからだそうです。

 

バラ全体の花言葉

愛・美・清・幸福

 

色と合わせた花言葉

→愛情、情熱、美、すべてつくす など

→純潔、清純、心から尊敬、相思相愛 など

※白はアメリカではなくなった父親に贈る風習があるため、生存されている場合は避けた方がいいかと。

→美、友情、献身、可憐、嫉妬、薄愛、別れましょう など

ピンク→上品、気品、温かい心、輝かしい など

→奇跡、夢かなう など

→王座、気品、上品 など

オレンジ→信頼、絆 など

 

花言葉を添えて贈るのもステキなのでは…。

 

②ひまわり

f:id:ckboffice:20180610120743j:plain

バラの花の次に人気。

黄色い花の代表的存在。

父の日のイメージカラーが黄色ということと、ひまわりの明るくて元気なイメージを合わせて贈る人も多いとか…。

又、バラと違って華美な感じがなく、親しみやすく気軽に贈りやすいのも人気理由の1つだとか。

 

ひまわりの花言葉

輝き・情熱・熱愛・憧れ・敬慕 など

 

③ユリ

f:id:ckboffice:20180610121009j:plain

父の日に限らずプレゼントを贈る花としてとても人気。

バラとは違った気品、高級感が漂う。

ユリ=カサブランカという印象が強いのですが、スカシユリがおすすめとのこと。

ユリ自体香りが強いので男性の人は苦手な人も多いのですが、スカシユリは香りが控えめで小ぶりな品種のようです。

 

スカシユリの花言葉も父の日にピッタリ

親思い・子としての愛

 

ユリの花全体の花言葉

純潔・子の愛・威厳

 

色と合わせた花言葉

→陽気、飾らぬ美 など

→純潔、威厳、無邪気 など

ピンク→思わせぶり など

オレンジ→華麗、愉快 など

 

④ガーベラ

f:id:ckboffice:20180610121207j:plain

いろんな色があって、他の花と比べると安価なこともあり子供がお小遣いで無理なくプレゼントできることもあり人気。

他のプレゼントと一緒に添えるのにピッタリ。

 

ガーベラ全体の花言葉

親しみやすさ など

 

色のイメージ

黄・オレンジ→元気

ピンク→優しい

 

自分の父親に合ったイメージカラーを合わせて選ぶといいかと。

 

⑤蘭

f:id:ckboffice:20180610121824j:plain

ユリと同様プレゼントを贈る花として人気。

ですが、育てるのが難しい花としても有名。

蘭は全部で230種もの種類があるのですが、父の日に贈るのは胡蝶蘭を選ぶ人が多いとか。

 

胡蝶蘭の花言葉

清純・純粋・愛してる など

 

色と合わせた花言葉

→清純、変わらぬ愛、幸福が来る など

ピンク→あなたを愛してる など

 

 

まとめ

母親に感謝の気持ちを伝えるより、なかなか言葉で伝えるのが難しい父親。

年に1度の日だからこそ「ありがとう」の一言を伝えたいですね。

もし…口に出して伝えにくかったら、手紙やメッセージカードを添えてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

「父の日=黄色」のイメージカラーですが、自分の父親に合った色、花、花言葉を選んで、花言葉を添えてアレンジメントしてみては…。

 

近年では花以外にもいろんな種類のプレゼントがたくさんあります。

 

感謝の気持ちを自分らしく父親への愛を伝えることが、父親にとって1番嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。