毎日の(・・?を減らしてEnjoy Lifeを送ろう

こんな時どうしたらいい?i今の流行は?自分時間を作る方法ないかな?などいろんな(・・?を少しでも解消改善できればいいなのブログです。

1家に1台の世の中に!水道代も抑えられて時短家事のお助けモノ『食器洗い洗浄機/食器洗い乾燥機』を選ぶポイントは!?

最近食洗器がどんどん身近な家電の1つになってきています。

掃除機や洗濯機のように、1家に1台はほぼある状態になるのではとも。

少し前までの食洗機と言えば

「高価なもの」

「光熱費が高くなりそう」

「専用の洗剤を買わないといけないのが面倒」

「お手入れが大変そう」

「置き場所が…」

「あまりきれいに落ちなそう」

など、イメージ的にも敬遠されることが多かったのですが…。

今や何といっても忙しい世の中。共働きに核家族と…。

1人でやらないといけないことが増えたり、自分の時間が少なかったりと…

そんなとき「食洗機って便利かな」「ちょっとは時短になるかな」と考えてみたり。

調べたり、TVの情報だと価格もリーズナブルになっていたり、コストが低かったり、使った方がいいというコメントが多かったりと。

 

ここでは食洗機のタイプと選ぶ時のポイントを紹介していきます。

 

 

食洗機のタイプ

①ビルトイン型

・システムキッチンに組み込んで設置のため施工業者に取り付け工事をしてもらわないといけない。

・キッチンの収納スペースが圧迫されてしまう。

・容量が大きいため、鍋や大きめの食器も入る。

・運転音が据え置き型と一緒。

食洗機ビルトイン型商品はこちら

 

②据え置き型

・取り付けが簡単で手軽に導入。

・賃貸物件でも使用。

・給水するための分岐水栓の取り付け必要(自分でもできる)

・給水、排水ホースがキッチンにむき出しになるため見栄え悪くなる。

・ビルトインタイプより容量は小さい。

食洗機据え置き型商品はこちら

 

選ぶ時のポイント

①置き場所を決める

給水、排水ホースをつなげなければならないので置き場所は限られているプラスコンセントも必要。

調理台やシンクが無難。

作業スペースが狭くなるのがイヤな場合は、別に用意したラックやワゴンに置く。

延長用の給水、排水ホースあり。

 

②サイズをはかる

置き場所がある程度決まったらサイズを測る。

その時に開けた扉が水道や他のものにあたらないように余裕を持たせて測っておく。

 

③商品のドアの開け方も検討しておく

・基本前開き式が主流→扉を手前に倒して開閉

海外製ビルトイン式、据え置き式両方。

・引き出し式→扉をスライドさせて開閉

国内製ビルトイン式に多い。

・前開き式(上下2枚)

上下の扉はそれぞれ前開き。

鍋や大きなお皿など収納しにくい。

・上部スライド式

上部は天板へスライド、下部は前開き。

高さが必要になってくる。

天板の上に物が置けない。

 

④使う人数、容量を確認

基本3人又は5~6人用で、40~50点前後の食器が収納できる。

フライパンや大きい物を入れるかによっても変わってくる。

 

⑤音のチェック

意外と運転音が大きいため極力小さい音のものを選ぶ。

特にマンションなど集合住宅の人は注意が必要。

 

⑥水の使用量を調べる

手洗いの時よりも節約できるかが重要です。

 

⑦機能の確認

各機種によってできる機能が違います。

乾燥機能がないものもあります。

多コースを選べるもの、洗剤を使用しないコースもあったり。

どの機能が欲しいか調べておいた方が良いです。

 

まとめ

買い替える人はもちろんですが、これから初めて購入を考えている人は、ポイントをしっかり押さえてから検討を考えた方が良さそうですね。

 

自分のライフスタイル、家族のライフスタイルが少しでも時間に余裕ができるために…。

けして手抜き、楽するためではないということ。

これからの時代、必要不可欠な存在になってくるであろう『食器洗い洗浄機/食器洗い乾燥機』を検討してみてはいかがでしょうか。