毎日の(・・?を減らしてEnjoy Lifeを送ろう

こんな時どうしたらいい?i今の流行は?自分時間を作る方法ないかな?などいろんな(・・?を少しでも解消改善できればいいなのブログです。

誕生石・パワーストーンの浄化、お手入れの意味と方法

誕生石、パワーストーンは身に付けることでいろんな効果があります。

良い方向に導いてくれるために、時として悪いエネルギーを石が吸収してくれたりしています。

より効果を発揮してもらうためには、しっかりと浄化しお手入れをすることが大切です。

誕生石、パワーストーンは天然石なので、その石に合った浄化やお手入れをしてあげなくては変色したり変形してしまったりします。

ここではおもな浄化、お手入れの方法を紹介していきます。

 

 

浄化する意味と時期

1、誕生石、パワーストーンを買ったりもらったりしたとき。

自分の手元に来るまでにたくさんの人に触れられています。

時として、その人たちの思いや悪いマイナスのエネルギーを吸収している場合があります。

身に付ける前に一度浄化し、クリーンな状態にしてあげることでパワーを復活させ、さらに引きあがります。

 

2、1週間に一度長くても1ヵ月に一度、もしくは願いをかなえてくれたとき。

ずっと身に付けていると石も疲れてきて効果を発揮しにくくなってきたりします。

なので定期的に浄化し休息を与えていげることで、石の疲れをリセットしパワーを復活させてあげる方が良いです。

 

浄化、お手入れの方法

1、水による浄化

人に汚染されていない自然水が一番良いのですが、なかなか身近にないという…。

市販されている天然水やコンタクトレンズを洗う精製水でも代用できます。

水道水でも良いのですが、塩素が含まれていたりするので浄化してからか、十分に水分を拭き取る必要があります。

 

①自然水・湧き水

水が流れる場所に直接置く

常に新しい水が石にかかるようにする。

 

②天然水・精製水・浄化(カルキ抜きした水)

500mlのぺットボトルの水を2~3度に分けて石にあて流します。又は少しずつ流水のように流してあげるのも良いです。

 

③水道水

蛇口の水を細く長し続けて1分程度水にさらします。

 

<注意>

①長時間水にさらさない方がよい石

オパール・カルサイト・ターコイズ・ヘマタイト・インカローズ・ラピスラズリなど

 

②水の浄化を避けた方がよい石

アジュライト・セレナイト・デザートローズ・マラカイトなど

 

③水道水は直接でも良いのですが、塩素なども含まれているのでできたらボールなどに入れて天日にさらして浄水(カルキ抜き)した方がよい。

 

④急に冷たい水を石にかけると、ヒビが入ったり割れてしまったりする可能性があるので特に冬場は注意。

 

⑤アクセサリーにしている石

金具が取れたり、ゴムが切れたりしてバラバラにならないように。

 

2、月光浴による浄化

新月以外のとき。

特に満月は強力なエネルギーを石に与えてくれます。

1日だけでは効果が薄いので出来れば数日間続ける方がよいです。

理想は満月を挟んで5日間がよいかと。

月光浴はどの石でも浄化されます。さらにムーンパワーが付き石の持つ効力が増します。

特にオススメの石は、

ムーンストーン・ギベオン・テクタイトなど宇宙的なパワーの石。

 

<注意>

数日間外に出しっぱなしで雨風にあたっては効果がありませんので、月の光が当たる部屋の窓際に置くようにした方がよいです。

 

3、太陽光による浄化

午前中(7時~10時頃)の太陽光が一番エネルギーを与えてくれるようです。

光が弱い冬場は30分~1時間、光が強い夏場は5分~10分で十分。

もし午前中が無理な時は、太陽光があたる窓際に置いてもよい。

太陽光による浄化がパワーと合う石は、

ガーネット・トルマリン・サンストーン・水晶・スピネルなど

 

<注意>

①太陽光にあてると変色する可能性のある石

インカローズ・シトリン・スギライト・ターコイズ・ローズクォーツなど

 

②太陽光は避けた方がよい石

アジュライト・エメラルド・アメジスト・オパール・トパーズなど

 

③太陽光に長時間あてること

原石は本来太陽光を浴びないところにあります。

よってあてすぎるとヒビが入ったり割れてしまったりしてしまいます。

 

④遅くても日没前に終わらせる

太陽光で浄化した後すぐに月光浴をしてしまうと、パワーがケンカして暴走してしまうことがあるようです。

 

⑤特に水晶は球体でレンズの働きをします。

よって発火する恐れがあるので十分注意が必要。

 

4、塩による浄化

使う塩は天然の粗塩や岩塩。精製塩は効果がでません。

神社で清めた塩は特にオススメです。

 

盛り塩にした塩の上に1時間~1日置きます。

穢れが強いと感じた時は10分~1時間塩の中に埋めます。

終わったら塩は捨てて、流水で洗って柔らかい布で拭き取る。

 

塩による浄化はかなり強い浄化になっているので、他の浄化方法で効果が感じにくかった場合もしてみるとよいです。

 

<注意>

①塩に弱い石

オパール・セレナイト・ターコイズ・ヘマタイト・スギライト・ラピスラズリ・インカローズなど

 

②塩分に弱い石はヒビ割れしたり、石のエネルギーが変化することも。

穢れが多く、どうしても塩分に弱い石を浄化したい時は塩の上にガーゼを敷いたり包んでみて下さい。

ただし、絶対大丈夫というわけではないので長時間は避けて様子を見るようにした方がよいです。

 

5、お香・セージによる浄化

お香を焚き、その煙の中に石をくぐらせ煙が石の隅々まで行き渡るように5~10分くり返す。

セージの場合は、葉一枚に火をつけて炎が消えた時に出る煙に2~3度くぐらせます。

セージの浄化効果は強く、特にホワイトセージがよいです。

 

お香、セージ共に石の浄化だけでなく、その場所や空間も一緒に浄化してくれます。

 

<注意>

①火に弱かったり煙に変色しやすい石

カーネリアン・アゲート・ハウライト・ターコイズ・ラピスラズリなど

 

②火を使うので、火の始末と換気に注意と煙にくぐらせマイナスエネルギーをいぶり出すため、そのマイナスエネルギーを空間にためないようにすること。

 

6、水晶による浄化

水晶は浄化効果が元々あるため、他の石と一緒に置くとすべての石が浄化されます。

水晶の中で最も浄化効果があるのがクラスターというゴツゴツとした形のもの。

部屋に置いておくと部屋の空気を浄化してくれます。

クラスターの上に浄化したい石を置くだけでよいです。

 

もう1つ、水晶が細く砕かれたさざれというタイプは、お皿など器にさらして、その上に浄化したい石を置きます。

 

<注意>

水晶じたい邪気やマイナスエネルギーに強い石ですが、1週間に一度浄化をしてあげた方がクリア状態になり効果がパワーアップします。

 

7、土による浄化

できるだけ人に汚染されていない、自然な土に埋めます。

石に邪気が強く感じられるとき、効果がでにくい時など1週間から1ヵ月土に埋めます。

 

<注意>

①ジメジメとした湿気のある場所は逆効果になります。

 

②1ヵ月以上埋めてしまうと石が役目を果たしたと思い、効果を封印してしまう可能性があるため、忘れず掘り出してください。

 

8、音による浄化

石が持っていると言われる波動を音のバイブレーションで浄化します。

クリスタルチューナーを使用するのが良いですが、ベル・ヒーリングミュージックなどでも可能です。

 

浄化が終わったあと…。

浄化が終わった石はクリーンな状態になっています。

その石を両手で握りしめて、願いや思いを語りかけたり念じて下さい。自分が落ち着ける場所、石とともに浄化した部屋や空間で行うと良いです。

 

誕生石・パワーストーンの置き場所

常に身に付けて守ってもらうのですが、身から外すとき1つの願いが叶った時など休息を与えてあげることも必要のようです。

その時は、常に置き場所を決めておき、決まった場所で休息させてあげて下さい。

場所はどこでも構わないです。

水晶の上に置くのが浄化効果があって良いのではないでしょうか。

 

まとめ

浄化することは石にとって大切なことです。

その石の効果は人それぞれですが、一つ言えることは自分の気持ち次第だということ。

いつも見守ってくれてありがとう。ご苦労様。

これからもよろしくお願いします。

など、感謝の気持ちを持って浄化してあげると良いエネルギーを放ってくれるのではないでしょうか。

浄化セット商品はこちら