毎日の(・・?を減らしてEnjoy Lifeを送ろう

こんな時どうしたらいい?i今の流行は?自分時間を作る方法ないかな?などいろんな(・・?を少しでも解消改善できればいいなのブログです。

家事を時間短縮して、ママ主婦・パパ主夫の不足気味達成感を感じれる!?

家事というのは細かく分ければたくさんありますが、大きく分けると3つになります。

1つ目は 掃除

2つ目は 洗濯

3つ目は 料理

その3つともが人によってかかる時間もやり方もあります。

短い時間でできることもありますし、たっぷり時間をかけることもできたり、自分自身でコントロールできます。

 

本人以外の人から見れば、例えば早く終わらせると要領がいい、テキパキしてると言われる反面…手抜きしている、雑だと言われることも。

逆に時間をたっぷりかけると、丁寧にしてる、きっちりしていると言われる反面…ダラダラしてる、要領悪いと言われることも。

 

仕事などと違って定義や時間なども決まっていない分賛否両論になってしまいます。

 

 

24時間365日何かしら家事がある?

1日24時間、1年365日家事という仕事やることはあります。

とは言っても、たとえ専業主婦でも24時間かけてすることもほぼできません。

かと言って、何人も何十人もお手伝いさんやお世話係がいないと全くしないわけにはいかない…はず。

 

また、自分の状況によっても家事をする量も時間も他の人とは違ってきます。

1人暮らし、実家暮らし、同棲家族…。

1人暮らしの場合、男女ともに全部しないといけない人がほとんどだったり。

同居する人がいても共働きの場合、専業主婦の場合、子供がいるいない、子供が大きい小さい、旦那さんの協力がある、ないで変わってきますし、その日どれくらいの時間家事ができるかによっても時間短縮方法も違ってくるのではないでしょうか。

 

 

達成感不足!?達成感を感じるには?

特に専業主婦をされている人で不満を感じることの1つとしてよく答えに出てくるのが

「毎日毎日同じことの繰り返しで達成感が薄れていったり感じれない」

「家事を自分がやっていることが当然のように当たり前と思われる」

「家事なんて楽、しんどいと言うのはヘンと思われること」

などがあります。

 

もちろん、外や自宅で仕事をすることは楽ではないですし、大変であり疲れたりしんどかったりします。

比べることはそこではなく…何が違うのか?1番は達成感を感じるか感じないかなのです。

毎日毎日同じであっても、達成感を少しでも感じることで気持ち的にも変わってきます。

 

家事は終わりのないエンドレスであり、人それぞれの考えがあるため得にくいようです。

 

そこで達成感を感じる1つの方法として、家事の時間短縮を考えてやってみるのはどうでしょう。

「○○分でこの部屋の掃除を終わらせる」

「○○分で夕食の下ごしらえを何品する」

など、できるだけ分刻みで内容も細かく、まずタイムスケジュールを組んでいきます。

そしてそれを実行、実現するためにムダだなと思っていた時間や事を省いたり、場合によっては時間短縮が継続できるように物の配置を変えてみたり、動きやすい導線を作ってみたりと。

そうすることで自分が考えて組んだタイムスケジュールが実行実現できた時、達成感を感じることができるのではないでしょうか。

 

 

時間短縮する目的って何?

時間短縮は、手抜きする!雑にして早く終わらせる!ということではないです。

効率良くする…なかなか苦手な人も多いでしょう。

では何のために…というより時間短縮する目的は何かなと考えてみて下さい。

1番はストレスを感じることを軽減して、身体はもちろんのこと心の負担を和らげることです。

 

家事を3つに分けると掃除・洗濯・料理とありますが、すべてを時間短縮するために考えると、逆にイヤになってしまったり、ストレスになってしまったりする可能性もあります。

なので例えば、

「自分の得意な分野」「自分の好きな分野」を軸に考える、もしくは自分や家庭のライフスタイルに合わせて時間短縮を考えてタイムスケジュールを組んでいけば、気持ち的に負担なく余裕ができるのではないでしょうか。

 

 

時間短縮できた時には…目標をたてておく

家事ってほとんどが「やらないといけないこと。自分や家族が困ること」ですよね。

だからやっていて当たり前!って思われてしまいがちなのですが…。

もしやらないといけないことが仕事だったら…

仕事が終わったら、プロジェクトが成功したらどうでしょうか…。

お給料がもらえます。上司から褒められることもあるでしょう。お客様からありがとうと言ってもらえたり…。

頑張れば頑張った分ボーナスがもらえたりお給料がUPしたり。

達成感を感じて次も頑張ろう!次はこうしてみよう!と意欲が出たりモチベーションが上がります。

 

けれど、家事はやらないといけないけど仕事ではないので…(仕事としてお手伝いや家政婦さんは例外)金銭はありませんし1人暮らしの人はもちろん、同居する人がいてもなかなかありがとうの言葉ももらえません。

なので時間短縮できた達成感、次につながるモチベーションをあげるためにも…

例えば

・お友達とランチやお茶しに行く

・ネイルに行ってみる

・日曜日は家事お休み(掃除しないとか洗濯しないとか)

など、自分でご褒美を目標にしてやっていくといいのではないでしょうか。

もちろん達成できなかった時はおあずけで…。

 

もしも同居する人、家族がたくさん協力してくれたり、今まで全く家事をしなかったのに少しでも協力してくれたら…。

ありがとうの言葉をかけましょう。

そして、例えば一緒にお出かけしたり遊びに行ったり…

日曜日は外で外食など…

一緒にご褒美として楽しむのもいいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

掃除・洗濯・料理…家事というのはやらないといけないことではありますが、義務化するとイヤにもなってきますし、ストレスに感じて心も身体も疲れてきてしまいますし、毎日が楽しくなくなってきてしまいます。

そこで、不満としてよくあがる達成感不足を時間短縮することで成功した時の達成感を感じ、さらに目標を決めることでモチベーションを上げて継続してできるのではないでしょうか。

毎日毎日のことなので、いつも疲れきった顔していたのがちょっとしたきっかけで顔の表情も変わってくるのでは…。